AviUtlの初心者講座

初心者の為のAviUtl初心者講座です。

AviUtlでエンコードする際の基本知識について

   

エンコードとは

エンコードとは、動画として出力することで、これにより最終的に動画として仕上がります。

AviUtlはエンコードソフトとしての一面も大きいので、これだけで詳細な解説ができますが、ここでは代表的な方法を挙げておきます。

そもそもエンコードする理由として、ニコニコ動画などの動画投稿サイトに投稿する際には、決められた容量・サイズで動画を投稿する必要があります。

その制限に従っていない場合は、投稿できなかったり、勝手に画質などを変換されて低画質になったりします。それを回避するために、あらかじめ動画を意図したサイズや画質などに整えておくのです。

動画を投稿するのに、現状、最も効率が良いと思われるのが、MP4形式です。比較的、高画質&低容量のため、最終的にはこの形式にします。

なお、初めてエンコードする際には、できるだけ短い動画などでテストすること推奨です。PCスペックにもよりますが、エンコードには非常に時間がかかる場合があります。

いろいろな方法がありますが、2つの方法を紹介します。

(1) AviUtlで無圧縮AVI出力→エンコードソフトでMP4変換

まずは、AviUtlで動画を出力してから、別のエンコード用のフリーソフトでMP4形式に変換する方法です。

AviUtlでのエンコードは詳細な設定が可能ですが、それゆえ初心者には設定方法が分かりにくかったりします。

そこで、とりあえず(なんでもいいから)AviUtlで出力して、それを別のエンコード用のフリーソフトで、投稿用の動画に変換する方法をとります。

エンコード用のフリーソフトとしては、「つんでれんこ」がおすすめです。基本的に動画を選択して、いくつかのパラメータを選択すれば、簡単に変換してくれます。

 

では、まずAviUtlで出力する方法です。

AviUtl本体の「ファイル」→「AVI出力」を選択します。すると次のようなウィンドウが表示されます。

ここで注目して欲しいところが、下の方にある「ビデオ圧縮」の欄です。初期状態だと、「未圧縮」となっていると思います。

この状態で、出力すると無圧縮でAVI出力されます。 名前を適当に入力して、「保存」を押せば、出力されます。

この出力されたAVIファイルを「つんでれんこ」で変換すれば、投稿用の動画(MP4)が出来上がります。「つんでれんこ」の使い方については省略します。
herher

ところで、無圧縮で出力したAVIファイルは、○ギガバイトといった膨大な容量のファイルになっていることが多いと思います。

これは”圧縮”をせず、生のまま出力しているためです。容量を小さくするには”圧縮”する必要があります。”圧縮”というのは、元の動画を圧縮して小さな容量にするもので、そのため、ある程度画質などが下がることとなります。

圧縮するためには、「ビデオ圧縮」のボタンをクリックし、圧縮プログラムを選択する必要があります。適当な圧縮プログラムを選んで下さい23。可逆圧縮コーデックでは“Ut Video Codec Suite”が推奨とのことです(詳しくは後述の『中間ファイル』の項目を参照して下さい)。

(2) AviUtlでMP4を出力

続いて、AviUtlで直接投稿用の動画を出力する方法を解説します。方法は複雑ですが、詳細な設定が可能です。

こちらは、『導入』の項目で紹介した「拡張 x264 出力(GUI) Ex」プラグイン関連を正しく導入していることが前提です。

AviUtlメイン画面の「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を選択して下さい。

続いてウィンドウが表示されるので、下の方にある「ビデオ圧縮」のボタンをクリックして下さい。すると、「拡張 x264 出力(GUI) Ex」という名前の大きなウィンドウが表示されます。

いろいろと入力する項目があるのですが、基本的には、ニコニコ動画まとめwikiのこちらの設定をそのまま参考にするとよいでしょう。
http://nicowiki.com/aviutl_h264.html#c702bd6f

  • 設定の保存
    設定後、次回以降も使えるようにその設定を保存しておきましょう。画面上部の「新規保存」をクリックし、名前を入力→OK。保存すると、メニューバーの右にあるリストから選択できるようになります。
  • 留意点
    ここで、自分で設定する重要なパラメータに”ビットレート”というものがあります。映像ビットレートは「拡張 x264 出力(GUI) Ex」ウィンドウの左の部分、音声ビットレートは右の部分で設定します。
  • ビットレート
    ビットレート24は映像や音の質を決定するパラメータで、”映像ビットレート”、”音声ビットレート”があります。
    ビットレートは、数値が高いほど画質や音質がよくなりますが、代わりに再生時の負荷や容量が大きくなります。画質や音質を追求するあまり、低スペックPCの人は動画を視聴しづらくなる、といったことも考えられるので、高くすればいいというものではありません。
    加えて、ニコニコ動画の場合、ファイルの容量の上限が100メガバイトとなっています。なので、これ以下の容量になるように調整する必要もあります。数分程度のMADであれば、よほどビットレートを高くしない限り、100MBを超えることはないと思いますが、数十分の動画であれば、簡単に超えてしまいます。
    これらの計算は、「拡張 x264 出力(GUI) Ex」ウィンドウ右上の「ビットレート計算機」から求めることが出来ます。長めの動画で、容量が100MBを超えそうな場合は、試してみるとよいです。
  • 音声ビットレート
    音声ビットレートは、128kbpsが標準的な音質と考えられます。ただ、”歌ってみた”動画など、音声を重視する動画の場合は、これよりも高い192kbps以上に設定したりするのもよいかもしれません。
  • 映像ビットレート
    映像ビットレートには明確な指針はないのですが、ニコニコ動画では「世界の新着動画」に紹介される基準として、映像+音声の合計ビットレートが約1000kbps以下、というものがあります。便宜上、これを参考にすることとします。音声ビットレートを標準的な128kbpsとした場合、1000kbps-128kbps=872kbpsとなりますが、余裕を見積もって850kbpsとすればよいかもしれません25。

    この設定でファイルの容量が100MBを超える場合は、ビットレート計算機を利用して、100MBに収まるように映像又は音声ビットレートを調整する必要があります。
    ・映像ビットレート(850kbps)+音声ビットレート(128bps)<1000kbps (例示)
    ・容量<100MB

(3) 中間ファイル(可逆圧縮について)

最終的に動画として出力する以外にも、中間ファイルとして、動画出力するケースもあります。

例えば、パート毎に分けて動画を作成する場合や、動画素材をAviUtlで作成する場合などです。

この場合、できるだけ元の画質を保ったままにしたいため、無圧縮出力が理想かもしれません。

ただ、無圧縮だと動画の容量が膨大になるため、PCの空き容量にもよりますが、低容量にしておきたいものです。

そこで、中間ファイルを出力する際、可逆圧縮のコーデック(圧縮プログラム)を使用します。

これだと圧縮して容量を減らす28とともに、読み込む際には、圧縮する前の状態に戻すことが出来ます。

可逆圧縮のコーデックとしては”Ut Video Codec Suite”が推奨とのことです。”Ut Video Codec Suite29”は、別途インストールする必要があるので、ググって入手してみるとよいかもしれません。

 - 基礎