AviUtlの初心者講座

初心者の為のAviUtl初心者講座です。

AviUtlのシーン機能とは?機能と使い方

   

シーン機能とは?機能と使い方

複雑な動画を作成する場合などに、ひとつのプロジェクトファイル(aup)内で、個別に複数のシーンを作成し、それを統合する方法があります。

screenshot_420

a. シーンの選択

シーンは、拡張編集レイヤーの左上にある「Root」を切り替えることで、選択できます。
Rootとはメインとなるシーンで、基本的に「Scine1」~で作成したシーンを、この「Root」に統合することが想定されています。

screenshot_421

b. シーンの設定

シーンの名前で右クリックすると、シーンの設定を変更することが出来ます。

screenshot_422

screenshot_423

  • シーン名
    シーンの名前を変更します。
  • 画像サイズ
    シーンのサイズを設定します。設定しない場合は、プロジェクトファイル新規作成時のサイズになります。
  • アルファチャンネルあり
    シーンの透明部分(背景の黒色)の部分を、透明にします。ただし、アルファチャンネルありにした場合、そのシーンにおいてはフィルタオブジェクト(緑色のオブジェクト)が使用できないことに注意して下さい(ver0.90c2)。

c. シーン

【拡張編集で右クリック→メディアオブジェクトの追加→シーンorシーン(音声)】
任意のシーンを、シーンオブジェクトとして作成します。作成したシーンを、ひとつの動画ファイルと同じようなものとして取り扱います。
各項目は、動画ファイル(後述)とほぼ同様となります。

screenshot_424

 - 基礎