AviUtlの初心者講座

初心者の為のAviUtl初心者講座です。

AviUtlの拡張編集レイヤー(タイムライン)の見方について

   

では、続いて拡張編集のレイヤーについて見ていくことにします。

(1) フレーム・フレームレート

と、その前に”フレーム”、”フレームレート(fps)”という言葉を覚えておきましょう。

そもそも動画は、アニメーションしているように見えますが、実際はパラパラマンガと同じで、1枚1枚の絵が、高速で切り替わることにより、アニメーションしているよう見せています。

この一枚一枚の絵(=ひとコマ)のことを”フレーム”といいます。また、1秒間に表示する絵の数を”フレームレート(frame per second)”といいます。

例えば30fpsの場合は1秒間に30枚の絵が表示されることとなります。フレームレートが大きいほどよりきめ細かくアニメーションします。

通常、動画を作成する際は、30fpsが一般的ですが、よりぬるぬる動かしたい時は60fpsにしたりもします。

ただしその分、作成・再生ともにPCに負荷がかかることに注意が必要です。ちなみにテレビアニメは24fpsで作成されています。

(2) レイヤー

では、拡張編集のレイヤーを見てみましょう。

拡張編集のレイヤーでは、横方向が時間軸、縦方向がレイヤーとなっています。

このレイヤーに画像などのオブジェクトを配置していき、動画を作成することとなります。AviUtlでは、レイヤーが下になるほど、動画では上(手前)に表示される仕組みとなっています17。

aegregaegrg

 

横の時間軸の大きさは、画面左上の目盛りで調整することが出来ます。

実際に動かしてみると、時間軸の数値が変わるのが分かると思います。

目盛りを大きくすると、1フレーム単位でみやすくなり、目盛りを小さくすると動画全体を見ることができます。

gawegwegwe awgwegwgewgwgeg

 

レイヤーでは、赤い縦線が現在位置(現在のフレーム)を指します。

右端にある灰色の縦線が動画の終わりを指しています。

動画の終わりを、ちょうど一番最後のオブジェクトの部分まで冷たい場合には、レイヤーで右クリック→「範囲設定」→「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」を選択すればOKです。

後ろに伸ばしたい時は、オブジェクトをドラッグして移動させると、自動で伸びてくれます。

gaewgwegwgwgaw

 

なお、1フレーム単位で現在位置を動かしたい時は、AviUtlメイン画面の右下にある4つのボタンのうち、左の二つをクリックすると、1フレームずつ前後に動かすことが出来ます。

agwegwegawegawe

(3) オブジェクト

レイヤー上にあるオブジェクト(青いバー)の操作についても簡単に解説します。オブジェクトの長さは画像などの表示される時間で、オブジェクトがある間は、その画像が表示されます。

オブジェクト長さは、青いバーの右端あたりを横にドラッグすれば、伸ばしたり短くしたり出来ます。

また、オブジェクト上で右クリックすると、コピー、貼り付け、削除などが選択できます。

・オブジェクトの複数選択
複数のオブジェクトがある場合、キーボードのCtrlを押しながら、オブジェクトをクリックしていくと、複数のオブジェクトを選択することが出来ます。そのままCtrlを押しながらオブジェクトを動かすと、まとめて移動することが出来ます。全体の位置を調整したりするのに便利です。

 

コラム 「ショートカットキー」
AviUtlに限らず、Windows全般で使われているショートカットキーがあります。拡張編集のオブジェクトにも使えるものなので、PC操作の常識として覚えておいた方がよいかもしれません。

  • Ctrl+C …コピー
  • Ctrl+V …貼り付け
  • Ctrl+Z …操作を一つ元に戻す(アンドゥ/リドゥ)

特にCtrl+Zはよく使うので、必須の知識です。ただ、AviUtlではアンドゥが一度しか使えない(ひとつ前の操作にしか戻せない)という、難点があります。留意してください。

 

 - 基礎 , ,